メイ フェアリー
May Fairy
〒300-2631
茨城県つくば市
沼崎554-1   
TEL 029-886-6036 
営業時間 
AM10:00〜PM18:00
定休日 
毎月第2火曜 
毎週水曜

info@may-fairy.jp

How to Sixpence 6ペンスコインについて・・・


6ペンスコイン(シックスペンスコイン)について。
6ペンスって何?

随時更新してまいりますので、
楽しみにしていてくださいね。


6ペンスコインの解説の内容について

6ペンスコインはイギリス以外の、
オーストラリア、フィジー、南アフリカ、ニュージーランド等、でも発行されています。
(イギリスの植民地などであったためです。)

こちらの内容はイギリスの6ペンスコインについての説明となっており、
他国の6ペンスコインと混同されませんようお願い致します。

また内容の無断転記はご遠慮下さい。
(リンクしていただければOKですので、メールでお問合せ下さい)



イギリスの古い通貨、6ペンスコイン。

6ペンスコインは、イギリスの通貨が10進法になる以前の、
12進法時代のコイン(通貨)です。
(1/2シリング、1/40ポンドにあたります。)

*分数や少数という概念が無かった古い時代、
12は2,3,4、6で割り切れる便利な数字だったのです。

現在は10進法となったイギリスで、すでに使われなくなってしまった通貨ですが、
イギリスを始め多くの国で、とても人気があります。

他のコインであれば、コインコレクターによる収集がおもなのでしょうが、
幸せを呼ぶラッキーコインである6ペンスコインは、それ以外に6ペンスコイン専門のコレクターもおります。
また、他の理由から6ペンスコインを探す人も、とても多いです。

当サイトで6ペンスコインと出会い、興味をもたれる方が1人でも多く増えることを願います。


サムシングフォーと6ペンスコイン

とても人気のあると書いた6ペンスコインですが、どうしてそんなに人気があるのでしょうか?
おもな理由は「マザーグース」の歌にあると思われます。

マザーグースは、おもにイギリスで歌い継がれてきた古い童歌の総称で、その中のCackle, Cackle, Mother Gooseと言う歌からこの名がつきました。
(日本ではマザーグースと言いますが、海外ではナーサリー・ライムズ(Nursery Rhymes)と呼ばれます。)

「マザーグース」の中の歌で、
Something old(サムシングオールド), something new(サムシングニュー),
something borrowed(サムシングボロー), something blue(サムシングブルー)と言うくだりがあります。
これらは「幸せな結婚」のための4つの事を歌っていて、
「サムシング・フォー」(Something Four)と呼ばれます。


サムシングフォーの歌詞と意味



Something New (サムシングニュー:何か新しい物を) 「新しい生活の象徴」「新しいものを購入できる経済力」

Something Old (サムシングオールド:何か古いものを) 「受け継がれてきた家族の絆」「古いもののある伝統」

Something Borrowerd (サムシングボロー:何か借りた物を) 「交友の絆」「信用のある人柄」

Something Blue (サムシングブルー:何か青い物を) 「純潔・純愛」*青=日本の純白と同意

サムシング フォーの歌われるその最後には、 and a sixpence in her shoe
(アンド ア シックスペンス イン ハー シュー)

「そして、彼女の靴の中に6ペンス」
と歌われていて、

「幸せの6ペンスコイン」の登場となります。

サムシングフォーと6ペンス

6ペンスコインの歴史 @ 様々な王の6ペンスコイン

最初の6ペンスコイン。
1551年、エドワード6世の時代に作られました。

1554年、フェリペ(後のスペイン王フェリペ2世)&メアリー女王の6ペンスコイン発行。

エリザベス1世の6ペンスコイン発行。

チャールズ1世の6ペンスコイン発行。
(様々な種類の6ペンスコインが発行されています)

その後、南北戦争(Civil War)の時代、6ペンスコインの生産は中断されました。
*例外として、この時期に非常に珍しいオリバー・クロムウェル(政治家)の
肖像デザインの6ペンスコインが発行されています。
現存するのは4枚のみといわれる非常にレアなコインです。

1674年、チャールズ2世の時代に本格的に6ペンスコインの生産が再開されます。

1686年〜1688年、ジェームズ2世の6ペンスコイン発行。

1693、1694年、ウィリアム3世王&メアリー2世女王の6ペンスコイン発行。
*合同統治(英国史上唯一)のため、王と女王が共に存在しています。

メアリー2世女王亡き後、ウィリアム3世は単独で統治。
1695年〜1701年、ウィリアム3世の6ペンスコイン発行。

1703年〜1711年、アン女王の6ペンスコイン発行。

1717年〜1726年、ジョージ1世の6ペンスコイン発行。
*1717年に低品質の6ペンスが流通。

1728年〜1758年、ジョージ2世の6ペンスコイン発行。

王になってからはじめの55年の統治の間、
1787年に唯一、ジョージ3世の6ペンスコインを発行。
その後、1816年〜1820年に発行。

1821年〜1829年、ジョージ4世の6ペンスコインを発行。

1831年〜1837年、ウィリアム4世の6ペンスコインを発行。

1838年〜1901年、ヴィクトリア女王の6ペンスコインを発行。

1902年〜1910年、エドワード7世の6ペンスコインを発行。

1911年〜1936年、ジョージ5世の6ペンスコインを発行。

1937年〜1952年、ジョージ6世の6ペンスコインを発行。

1953年〜1967年、現イギリス女王、エリザベス2世の6ペンスコインを発行。

1967年を最後に、通貨としての6ペンスの生産が終了しました。

1970年、現イギリス女王、エリザベス2世の記念硬貨の6ペンスコインを発行。

1971年に通貨の10進法への移行をもって、その役目を終える予定でしたが、
必要とされ、1980年まで法貨として使用されました。

1980年、6ペンスコインは通貨としての役割を終えました。



6ペンス(シックスペンス)の材質について…銀貨から白銅貨へ



6ペンスの材質は400年以上の歴史の中で3回変わっています。

1551年、初めての6ペンスが発行されてから1920年まで。
.925 Silver 銀含有率が92.5%のスターリングシルバー(sterling silver)製の6ペンス銀貨。


第一次世界大戦により銀価格が高騰し、1920年に6ペンス銀貨の銀含有率は変更となります。

1920年から1946年まで。
.500 Silver 銀含有率が50%のシルバー製の6ペンス銀貨。


第二次世界大戦により銀価格が高騰。6ペンスは銀貨から白銅貨へ変更となりました。

1947年から1970年まで。
Cu-Ni コッパーニッケル 白銅貨の6ペンス。


ご注意ください。
「エリザベス2世女王の6ペンス銀貨がほしい」
とのご質問をよく受けますが、
エリザベス2世女王(1953〜1970年)の6ペンス(イギリス)は、
すべて白銅貨で銀貨は発行されていません。

白銅貨の6ペンスに銀のフレームをつけて、「シルバーの6ペンスコインのネックレス」
との表記で販売されているのを見かけたことがありますが、コインは白銅貨です。

海外では「Silver=銀色」の意味で、 Silver Sixpence と表記されている場合があります。

ただし、オーストラリアでは1910年から1963年まで6ペンス銀貨を発行していましたので、
エリザベス2世女王の6ペンス銀貨も発行されています。
イギリスと同じエリザベス2世女王の肖像のデザインですが、
対面のデザインはカンガルーとエミューのデザインとなっています。



次回の6ペンスコインのお話もお楽しみに♪


ドレスアトリエ&アンティークス  May Fairy  メイフェアリー  

 〒300-2631 茨城県つくば市沼崎554-1
 電話 029-886-6036 
営業時間 AM10:00〜PM18:00    
定休日 毎月第2火曜 毎週水曜
info@may-fairy.jp    

主な取り扱い品
オーダーメード
ウェディングドレス
ウエディングドレス
セルWedding Dress
カラーウェディングドレス
ステージ用ドレス
フォーマルドレス
ウェディングベール
ウェディンググローブ
ウェディングシューズ
パニエ
他ドレス小物
6ペンスコイン
シンブル
ヴィンテージボタン
チェコガラスボタン
テーブルウェアー
アンティークC/S
ポストカード
プレート(絵皿)
フィギュリン
デンビー DENBY
ロイヤルドルトン
シェリー
ウェッジウッド